補聴器について

Packshot_Virto_B-Titanium_pair.jpg

耳あな型補聴器

軽度〜高度難聴

耳の穴に入れるタイプの補聴器です。

耳の形に合せてオーダーメイド作成しますので、耳にしっかりと収まり、 マスクやメガネの取り外しにも邪魔になりません。

外から見えにくい極小サイズから、難聴の度合いに合わして大きなタイプまであります。

最近では、頑丈なチタン製の補聴器もあります。

Pic_productshot_Bolero_M_family_390x293p

耳かけ型補聴器

耳かけ型補聴器

耳の後ろに本体をかけるタイプの補聴器です。

付け心地の良く外から見えにくいRICタイプや軽度から重度難聴まで幅広く対応するフックタイプの耳かけ補聴器があります。

最近では防水効果の高い耳かけ型補聴器があります。

Packshot_Phonak_Mini_Charger_Case_open_w

充電式補聴器

軽度〜重度難聴

耳かけ式補聴器と形は、ほぼ同じですが電池交換の必要がありません。

寝ている間に充電すれば、24時間は使用可能です。

また電池フタなどがない為、汗などに強く充電している間に乾燥もしてくれますので耐久性に優れています。

 

ポケット型補聴器

軽度〜重度難聴

昔からあるラジオみたいな感じで、コードの先端にある耳栓を耳の中に入れて使用します。

ポケットに入れて持ち歩いたり、横になりながら使用できます。

また左右どちらにも使用出来たりしますので、用途に合わして対応できます。

乾電池を使用しますので電池寿命が長いです。